Skip to content

必要な資格

この家事代行で働く場合、求人サイトには必要資格は記載されていない場合が多いです。記載されていても、「主婦(夫)や子育て中の方も大歓迎」という文が多く見られます。そのため、資格が無くても主婦としても経験があれば働ける企業が多いです。企業によっては、正規採用の前に研修などを行い、家事代行として家事をすることを仕事として働けるまでに成長してから、実践になります

家事代行の仕事に資格がいらないとはいえ、何かこの仕事に役立つ資格をとりたいという方や、面接などで有利になるようにとりたいという方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、どのような資格を取るといいのかをみていきましょう。まずは「家事検定」という検定資格です。家事について少しでも多くのことを学びたい方には良いでしょう。次は「整理収納アドバイザー」です。この資格は、掃除などをする際の整理整頓や収納に関する資格です。次は「ベビーシッター」と「介護士」です。子供やお年寄りをお預かりして、お世話や介護をすることもありますので、このような資格があると、依頼してくれた家族も安心します。

このように家事代行をする際には色々な役に立つ資格があります。このような資格は無くては働けないというものではありませんが、スキルを高めたいという方には良いでしょう。

家事代行の仕事内容

家事代行の仕事内容は、「掃除」「料理」「片付け(整理整頓)」「洗濯」「買い物」「庭の整理」「ベビーシッター」「ペットのお世話」「シニアサポート(お年寄りのサポート)」などが主な仕事内容です。自分自身の家とは違いますので、初めて訪れた家では少し戸惑うかも知れませんが、自分の持っている力を発揮していけば家事代行の仕事は楽しくできる仕事ではないでしょうか。企業によっては、シニアサポートというお年寄りの方のサポートを頼まれる場合があります。このときのことを考えると、介護の資格などを持っているといいです。資格を持っていたり、主婦や親としての経験が高いと、家事代行を依頼したご家族も安心して、家事などを任せられるでしょう。

他人の家での作業になりますので、やはり仕事としてはきつい部分もあるようです。「人の住んでいるスペースで作業するからうるさくできない」「人の家だから家具などに傷をつけないように慎重に掃除などをこなさなくてはならない」「人の家族の面倒をきちんとみなくてはいけない」などです。確かに自分の家よりも気を使いながらの作業になってしまいます。ですが、この仕事の中で依頼してくれた家族の方たちにほめてもらったり、感謝してもらうことが嬉しいということで、ずっとこの仕事を続けている方もいます。

参考HP⇒mini maid service

家事代行の求人

家事代行とは、その家に住んでいる家族や親戚ではなく、家事代行サービスを行っている企業で働いている人が家に来て、掃除などの家事を代わりに行ってくれるサービスのことを言います。このような家事代行サービスを行っている企業は多く、ほとんどの企業が家事代行サービスで訪問を行う方の求人を出しています。

「日本家事代行協会」というものが作られており、この日本家事代行協会では、現在主婦として家の家事を行っていて、空き時間に仕事を探している方々を対象に、自分の持っている主婦としての知識や技術を発揮できる場所をと、家事代行での職探しを手伝ってくれています。家事代行は、基本的に資格が無くても働くことが可能です。子供が小さくてあまり時間が取れない主婦のかたも働いています。

主婦の方は、子供を産むためや結婚してから生活を家族に移すためなど理由はさまざまですが、結婚や出産を機に仕事をやめてしまう方がほとんどです。仕事を一度やめてしまうとなかなか仕事復帰することが難しくなり、再就職しようにも雇ってもらえないなどということもあります。ですが、このような家事代行の仕事は、家事の経験が豊富である主婦の方が働いていることが多く、主婦の再就職先として人気の高い職業といえるでしょう。企業によって少し仕事内容は違いますが、家事代行には子供の面倒を見る仕事が入っていることが多いです。子供を育てたことのある方はこのような時に、さらに有利に働けるのではないでしょうか。